倉敷東ロータリークラブのウェブサイトです

役員・委員会構成

理事・役員

会長(理事) 島越  秀二
会長エレクト(理事)(副会長) 山田  曉
会長ノミニー(理事)(副会長) 平井  正敏
幹事(理事) 廣瀬  成史
副幹事 稲田  起一
S.A.A(理事) 平井  正敏
副S.A.A 山田  秀樹
会計(理事) 三宅  俊弘
直前会長(理事) 太田  隆温
理事(親睦・家族活動委員長) 小野  聡
理事(会員増強・職業分類委員長) 藤  雅子
理事(職業奉仕委員長) 今岡  道雄
理事(社会奉仕委員長) 藤原  光啓
理事(国際奉仕委員長) 松本  ゆみ
理事(ロータリー財団委員長) 遠藤  堯之

 

委員会構成

担当副会長:山田 曉
■基本方針:
RI会長・地区ガバナーの主旨に沿った会長基本方針に基づき、各委員長・委員会と協力連携し、地域に根ざした活力あるロータリー活動が円滑に行えるよう努めます。
昨年同様会員増強に力を注ぎ、また、会員相互の親睦に特に力を注ぎ退会防止を図るとともに楽しい例会になるよう努めます。■実施計画:
1.会員増強特別委員会を設置しさらなる会員増強を目指します。
2.プログラム委員会では魅力ある卓話者をさがして楽しい例会になるよう努めます。
3.例会出席はロータリー活動の原点であることを認識し、出席率の向上に努めます。
4.親睦・家族活動委員会では家族例会・家族旅行など会員・パートナーとの親睦を図ります。
5.雑誌委員会では「ロータリーの友」を毎月配布し、世界及び日本のロータリー活動を紹介し、記事の投稿、熟読を勧めます。
6.ロータリー活動について地域社会に広く認知してもらうため広報活動を行います。
7.会務代行が必要な場合は、下記の順位にて代行を委託する。
・会長→会長エレクト、会長ノミニー、直前会長
・幹事→副幹事、会長エレクト、会長ノミニー
・S. A. A→副S.A. A、親睦・家族活動委員長
・出席委員長→出席副委員長
出 席 委員長 黒田 健一
委 員 田中 陸男、濱口 康幸
基本方針 例会への出席がロー タリー活動の原点であることを認識し、 出席率の向上に努める。
広報・会報 委員長 三宅 政博
委 員 三宅 俊弘、藤 雅子
基本方針 ロータリーの奉仕の精神と日々の活動を、地域社会に広く知ってもらえる様な広報活動を行う。
親睦・家族活動 委員長 小野 聡
委 員 藤田 康孝、原田 博史、松原 淨、鎌田 佳朗、宅和 博彦、
富永 勲秀、稲田 起一、松田 健一、西海 暢恭、武部 洋治、
田谷 聡
基本方針 倉敷東ロータリークラブがより一層、元気で楽しいクラブになるように、会員相互の親睦と家族との交流を深めることを目標に、活動を行う。
雑 誌 委員長 林 伸雄
委 員 西海 暢恭、岡 晃
基本方針 「ロータリーの友」を読んでもらえるようにする。
プログラム 委員長 岡本 淳
委 員 平井 正敏、吉岡 保、山田 秀樹
基本方針 会長の運営方針に基づき、楽しく有益なプログラム編成に努める。
会員増強

職業分類
委員長 藤 雅子
委 員 藤波 安勇、岡本 英人
基本方針 クラブ活性化のために、会員基盤の充実を図る。
会員選考

ロータリー情報

研修
委員長 太田 隆温
委 員 鳥越 秀二、山田 曉
基本方針 会員増強拡大特別委員会と連携し新会員の獲得に努力するともに、入会者にはロータリーの情報、知識等を提供し理解を深め、早くクラブに馴染むよう努める。
また会員に対してもロータリーの新しい情報を提供する。

 

担当副会長:平井 正敏
基本方針:
今期のRIテーマ『ROTARY SERVING HUMANITY〈人類に奉仕するロータリー〉』の主旨のもと、太田会長の基本方針に基づき、各委員会の各種奉仕プロジェクトのスムーズな実践に努める、と同時にロータリー財団の実施計画が達成できるよう努め、それらの活動を通じて社会に貢献していきます。
クラブ会員に理解と協力をお願いして、それらの地域社会への貢献を通じ、ロータリー活動が認知されることを目指します。事業計画:
1.職場例会及び会員事業所優良従業員表彰を継続し内容の充実に努めます。
2.社会奉仕委員会を中心にロータリーデーの一環としての市民を巻き込んだ事業を引き続き計画、実践いたします。
3.青少年交換プログラムを実施しRYLAへの積極的な参加などを通じて青少年の育成につとめます。
4.姉妹クラブ、台湾雙和ロータリークラブとの、より一層の友好親善を促進します。
5.地区補助金を活用した奉仕プロジェクトを実施するとともに、ロータリー財団の財政的貢献目標を達成します。
6.米山記念奨学会の目的を理解し、米山奨学資金拡大に寄与します。
7.2017年3月に2690地区第7グループのIMを主幹します。
職業奉仕 委員長 今岡 道雄
委 員 松本 ゆみ、三宅 政博
基本方針 職業奉仕とはロータリークラブとクラブ会員両者の責務であり、「職業を通じて、社会に奉仕する」と定義されている。
事業及び専門職務の道徳的水準を高め、奉仕の理想をいかしていくという目的を持つものである。
会員の役割には、ロータリーの思念に従って、自分自身を律し事業を行うことが含まれる。
社会奉仕 委員長 藤原 光啓
委 員 松田 健一、藤田 康孝
基本方針 人間尊重、環境保全、高齢者社会に対する諸問題について、地域社会の現状を正しく認識し、地域に適した奉仕ができるよう努力する。
青少年奉仕 委員長 三宅 顕隆
委 員 鎌田 佳朗、小野 久
基本方針 青少年が将来、地域社会、国際社会に役立つ人材に育つようプログラムを考え活動を行う。
国際奉仕 委員長 松本 ゆみ
委 員 宅和 博彦、三島 節子
基本方針 世界のロータリークラブ、留学生と交流し、お互いに協力して国際理解と親善に努め、その国の文化や習慣を理解し、世界の人々が平和と幸福になれるよう努力する。
ロータリー財団 委員長 遠藤 堯之
委 員 武部 洋治、赤木 幸也
基本方針 ロータリー財団の使命及び活動内容を知ることが重要です。財団設立の意義を理解しての奉仕プロジェクトを実施する。
米山記念奨学会 委員長 佐々木 孝之
委 員 太田 隆温、遠藤 治郎
基本方針 日本全国のロータリアンからの寄付金を財源として、日本で学ぶ外国人留学生に奨学金を支給し、支援する事業に、理解を深め、協力していく。

 

S.A.A.:平井 正敏 副S.A.A:山田 秀樹
基本方針
1. 例会場の秩序を保ち、明る<、楽しく、品位ある運営を目指す。
2. 親睦委員会、プログラム委員会と協力し円滑に進行を行う。

 

会計:三宅 俊弘  
基本方針:クラブ資金を適正に管理し、クラブの円滑な運営を支援する。
PAGETOP
Copyright © 倉敷東ロータリークラブ All Rights Reserved.
Photos:Copyright © 今岡 道雄