倉敷東ロータリークラブのウェブサイトです

役員・委員会構成

理事・役員

会長(理事) 三宅 顕隆
会長エレクト(副会長・理事) 小野  久
会長ノミニー(副会長・理事) 三島 節子
幹事(理事) 宅和 博彦
副幹事 平田 真一
S.A.A(理事) 平田 真一
副S.A.A 高橋 亮輔
会計(理事) 鳥越 秀二
副会計 松田 健一
直前会長(理事) 岡本 英人
理事(親睦・家族活動) 内田 直孝
理事(会員増強・職業分類) 藤波 安勇
理事(職業奉仕) 松本 ゆみ
理事(社会奉仕) 稲田 起一
理事(国際奉仕) 渡邊 ー司
理事(ロータリー財団) 三宅 俊弘
地区委員・・・地区学友委員会 藤田 康孝

委員会構成

 クラブ管理運営・会員増強部門

担当副会長:小野  久
■基本方針:今期RI会長、地区ガパナーの主旨に沿った会長の基本方針に従って担当委員長のもと、各委員が知恵を出し合い、楽しいクラプ運営となるよう、関係者の皆さまと努力いたします。

■実施計画:
1.活力あるクラプ運営をする為、職業分類未充填分野の良き人材獲得に努める。
また、女性会員の増強を積極的に行う。
2.各委員長から提出された活動計画書に基づきプログラム委員会と協力して内外の卓話者のバランスを調整し「楽しく内容のある例会」運営に努める。
3.親睦・家族活動委員会と共に、会員および、会員家族との親睦を深めるための企画を立て、ロータリー活動をより楽しいものにする。
4.雑誌委員会と協力し「ロータリーの友」の紹介を通じて、他クラプの活動状況やロータリーの基本を再認識する。
5.市内クラプ、国内外の友好クラプとの連携を密接にとり、クラプ活動の相互協力、その他に配慮する。
6.あらゆる機会を通じて当クラプの活動を外部に広報するよう努める。またメール等を利用し会員全員にロータリー情報を提供する。
7.会務代行が必要な場合は下記の順位にて代行を委託する。 ・会長→会長エレクト、会長ノミニ―、直前会長
幹事→副幹事、会長エレクト、会長ノミニ―
S.A.A→副S.A.A、親睦・家族活動委員長
出席委員長→出席副委員長

出 席 委員長 松浦 孝之
委員 武部 洋治、林 伸雄
基本方針 例会への出席がロータリー活動の原点であることを認識し、出席率の向上に努める。
広報・会報・雑誌 委員長 赤澤 勇人
委員 原田 博史、遠藤 堯之、三島 節子
基本方針 ホームページの更新。活動内容の周知。
ロータリーの友を簡単に紹介し、情報共有する。ロータリーについて知る。
当クラブの活動を投稿する。
親睦・家族活動 委員長 内田 直孝
委員 藤田 正人、今林 宏典、井上 泰弘、松浦 孝之、物部 真弘、高橋 亮輔、渡邊 一司、濱口 康幸
基本方針 会長テーマである「未来へ向けて扉を開く!」を念頭に置き、ロータリークラプ活動の一つの大きな柱として親睦活動を位箇づけ、各委員会と連携しながら会貝相互の親睦とご家族の方々の交流を深める機会を企画、活動していく。
プログラム 委員長 松田 健一
委員 岡本 英人、原田 博史、岡 晃
基本方針 会長の運営方針に基き例会は楽しく会員に有益なプログラム編成ができるよう努めます。
会員増強 ・ 職業分類 委員長 難波 安勇
委員 赤澤 勇人、富永 勲秀、小野 久、三島 節子、渡邉 一司
基本方針 本年度はコロナ問題で日本の、世界のロータリークラプの活動が減速され大変な年になりました。終息後も特に経済的打撃は多大なものになるでしょう。そのような状況での会貝増強は今までにない難しいものになると思われます。しかし、このような時こそロータリーの存在を地域社会にアビールするよい機会と捉えて活動しなければなりません。
また会員の嵩齢化による自然減が益々進む中、活力あるクラプにし、更なる発展のためにも会員増強は必須条件です。
クラプテーマ「未来に向けて扉を開く」ために本年度会長方針に基づき純増1名以上を目指します。
会員選考 ・ ロータリー情報 ・ 研修 委員長 岡本 英人
委員 三宅 顕隆、遠藤 堯之、黒田 健一
基本方針 ロータリーをより深く理解してもらうために、基本的な事柄や、最新の情報をできるだけ、わかりやすく会員の皆様にお伝えし、ロータリーの大切さ、楽しさを実感していただく。
中期クラブ運営策定委員会 委員長 山田 暁
委員 廣瀬 成史、稲田 起一、三宅 俊弘、松本 ゆみ、藤田 康孝、平田 真一
相談役 黒田 健一、 佐々木 孝之
会長 三宅 顕隆
会長エレクト 小野 久

奉仕プロジェクト・ロータリー財団部門

担当副会長:三島 節子
■基本方針:三宅顕隆会長の基本方針に基づき、各奉仕プロジェクトおよびロータリー財団の各委員会の実施計画が円滑に実行達成できるように協力します。各奉仕活動部門、ロータリー財団部門が、地域に貢献し、地域に認知されるよう努めます。

■実施計画:
1.職場例会・優良従業員表彰を継続して実施します。
2.社会奉仕活動として、子供ソーシャルワークセンターつばさ支援と地域交流プロジェクトを実施します。
3.青少年交換プログラム、RYLAへ積極的に参加します。
4.姉妹クラプ、台湾雙和ロータリークラプヘ青少年を派遣し友好親善を促進します。(コロナの状況をみて判断)
5.ロータリー財団の財政的貢献目標の理解と目標達成に努めます。
6.インターアクト活動を例会などで共有し、支援をしていきます。
7.米山奨学資金拡大に寄与すると共に、これまでの米山奨学生の皆さんと連絡をとるよう努めます。

職業奉仕 委員長 松本 ゆみ
委員 藤 雅子、三宅 政博、内田 直孝
基本方針 ロータリー創立の理念に沿って、メンパーの職業活動自体が社会頁献へつながるよう導く。
社会奉仕 委員長 稲田 起一
委員 藤田 康孝、遠藤 堯之、今林 宏典
基本方針 社会奉仕は、ロータリアン一人ひとりが「超我の奉仕」を実践する機会である。地域に住む人々の質を高め、公共のために奉仕することは、すべてのロータリアン個人にとってもまた、ロータリークラブにとっても献身に値することであり、社会的義務である。この趣旨に沿った事業を実施する。
青少年奉仕 委員長 藤田 康孝
委員 稲田 起一、今岡 道雄、松浦 孝之
基本方針 倉敷高校インターアクトクラブと連携し、相互の理解と交流を深める。
国際奉仕 委員長 渡邊 一司
委員 廣瀬 成史、佐々木 孝之
基本方針 ロータリーの目的「奉仕の理念に結ばれた職業人が、世界的ネットワークを通じて国際理解、親善、平和を推進すること」を達成する。
ロータリー財団 委員長 三宅 俊弘
委員 山田 暁、赤木 達也、遠藤 治郎、林 伸雄
基本方針 ロータリー財団の目的や活動内容を理解し、会員に各種寄付への協力をお願いする。また、地区補助金を活用した奉仕プロジェクトを実施する。
米山記念奨学会 委員長 廣瀬 成史
委員 藤波 安勇、山田 秀樹、藤田 正人
基本方針 米山記念奨学会に、一人当たり平均、普通寄付年5,000円かつ特別寄付10,000円以上を寄付し、地区目標を達成する。

S.A.A.

S.A.A.:平田 真一
基本方針 : 会員やビジターの方々に、楽しく有意義な例会になるよう努める。
会長・幹事、関係委員会・事務局と協力し、例会を時間内にスムーズに運営する。

会計

会計:鳥越 秀二
基本方針:クラブ資金を適正に管理し、クラブの円滑な運営に寄与する。
PAGETOP
Copyright © 倉敷東ロータリークラブ All Rights Reserved.【Photos】Copyright © 今岡 道雄